calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

categories

archives

selected entries

recent comment

profile

ありがとうございました!@サトル

0

     

    11月25日

    劇団宇宙の森第23回公演

    「Miss Robot Loves Him さくら」

    終了しました!

     

    3連休最終日にたくさんのご来場ありがとうございました!

    サトルの個人ブログですw

     

     

    終わったねーーーーーー!

     

    稽古が始まった頃は終わるかドキドキでしたw

     

    サトルに配役された時の

     

    「へ!?」

     

    という反応からはじまり、

    一時はどうなることかと思いました。

     

    初演でさくらを演じていたこともあり、

    さくら以外の配役のイメージが全くなく、

    初演のサトルがインパクト大だったので、実はプレッシャーでした。

     

    ここ数年は憑依型の演技をしていたのですが、

    サトルは誰に依存するわけではないし、小5男子なんて自分が経験したことがないため、

    とにかく自宅近くの小学生を見て研究しました。

     

    子どものしゃべり方とは?

    姿勢とは?

    歩き方、走り方。

     

    サトルのしゃべり方はかなり喉を酷使していたのでつぶれないか不安でしたが、

    本番近くになるにつれむしろ強くなったのが幸いでしたw

     

    きっと14年前にサトルをやっていたら出来なかったと思うので、

    このタイミングでやれて良かったなって思います。

     

     

     

    お客様の反応もとても温かく、救われました。

    本当にありがとうございました!

     

    劇団宇宙の森の今後としては

     

    3月にワークショップ(無料体験稽古)

    そして11月24日に第24回公演があります。

     

    お!

    24 24 だ! ←今気づいたw

     

    また、初演のさくらや今回のさくらの動画も随時アップしていきますので楽しみにしていてください♪

     

     

    本当にたくさんの応援ありがとうございました!!!

     

    サトル!またね!

    素直で優しい大人になるんだよ!


    スポンサーサイト

    0
      • 2018.12.12 Wednesday
      • -
      • 21:07
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      mash1さま

      返信遅くなりました(>_<)

      たくさん思いのつまったコメントありがとうございます!
      とても嬉しいと共に、
      更にがんばらねばと思いました。

      年一回の公演なので期間が空いてしまいますが、
      これからも応援よろしくお願いいたします!
      • 姐さん
      • 2018/12/05 6:41 PM
      サトルさま
      ステキなお芝居でしたね。
      あの作品は、いろいろな愛がテーマになっていた
      気がしています。恋人、親子、上司と部下、
      純愛、嫉妬、憧憬、愛憎、歪んだ愛、捻れた愛
      そして禁断の愛。そんないろいろな愛の中で、
      むさいさんとさくらのココロを通わせていく
      過程で、ステキな言葉に出くわしました。
      食べるっていいなぁ、愛してるって嬉しいなぁ
      温かいココロ(ア)でココらへんが暖かくなるの
      ぼくは、食べることを共にすることって、究極
      の愛情表現って思っているので、すっごく共感
      できました。
      そんな中で、サトルは実は誰からも愛されている
      ように見えて、少し離れたところから見ている
      傍観者、または語り部のような存在に見えまし
      た。そう、とても重要な人物なのに、物語の中
      では、むさいさんの分身になってしまう、そん
      な存在。そう、この愛の物語の中で、唯一両性
      具有感を持っている、愛情を超越した永遠の少年
      であり続けるような感じでした。
      だから、誰かの記憶の中で、何処で出会ったん
      だけどどうしても思い出せないような存在だっ
      た、そんなシーンがいくつかありましたね。
      少年であり、記録係でもあり、神出鬼没な存在
      のサトルくん、でも観客の皆さんからは、誰より
      も愛された存在ではなかったんじゃないでしょう
      か?
      ぼくは、この話に未来よりも、古き良き時代を
      何故か感じていました。それは自分の過去も含め
      て、皆さんの熱のこもった演技と少し親しみ感
      のある舞台装置と、サクラが舞い散る演出とか、
      変わらないものがあるんだなぁって感じました。
      なんか、自分が何十年前に演劇に携わっていた
      頃を思い出していました。
      いつかまた、15年後くらいに観てみたい作品で
      す。そのとき、ゆみっきーさんがどんな役を演
      じているか楽しみですね。
      長くなりました、またお会いしましょう。
      ステキなお芝居、本当にありがとうございました
      • mash1
      • 2018/11/28 1:59 AM
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック