calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

categories

archives

selected entries

recent comment

profile

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2018.12.30 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    大道具製作裏話

    0

      急に寒くなりました。

      ひだまりでございます。

      年末押し迫る中、ぎりぎりで年賀状を仕上げまして、このブログを書き上げています。

       

      さてさて、今年も大道具を担当させていただきまして、

      「作る」醍醐味を味わうことができました。

       

      公演アンケートにも、舞台美術について「よかった」と

      感想を書いてくださってる方もいて、

      それを見ると、全ての苦労が報われていくわけで。

       

      まず、今年の台本をもらった時に、一番印象的に頭に浮かんだのは、

      さなぎちゃんが入っている「鳥かご」でした。

      これです↓

      さなぎちゃんなのに、「鳥かご」

       

      そこは「虫かご」ではないのかと。

       

      違うよ。

       

      自分の頭の中にあったのは、白い鳥かごでした。

       

      演出の頭の中にあったものと少し形が違っていたのですが、

       

      ”饌羮紊任梁減澳兇里△訛腓さ

      ¬鮗圓乗って、尚且つ移動が可能な安定性

      私の軽自動車のバンにバラして乗ること

       

      などを考慮して、最終的にあの形となりました。

       

      頭の中の鳥かごを具現化する作業として、まず第一段階

      「ホームセンターをぶらつく」

      今回はコンパネ12mmの厚さのものを組み合わせてまずは土台の板をつくります。

       

      8角形の土台を8枚の板を組み合わせて強度を出しました。厚さが18mmになります。

       

      止まり木に見立てた椅子的なものを作りこみました。

       

      さて、ここまで組み立てると・・・結構・・・

       

      重い・・・

       

      そして毎度のことですが、店舗内待合室で作業をしているので、夜作業して、朝には分解して車に載せておかなければならないので、この「重さ」は結構大変でした。その都度スタッフにお手伝いしてもらいました。

       

      鳥かごの格子は、メタルパイプと塩ビパイプでできています。メタルパイプの部分は強度があり、掴んで鳥かご自体を動かすためのもの。塩ビパイプはメタルパイプに比べて軽く加工もしやすいので、重要なところ以外は塩ビパイプで作成しました。

       

      裏にはキャスターを付けました。

      しかし、これがまた曲者。

      キャスターにはそれぞれ耐荷重量というものが表示してあり、単純にそれを足し算して、どのくらいつければよいか

      考えたのですが・・・

      上の写真のキャスター9個だと、動き始めにかなりの力が必要です。人が乗るとスムーズに動かせません。

      息子を呼んで、鳥かごに監禁して入ってもらって実際に動かしてみる。

      うーん。やっぱり動かない。12個に増やしても同じでした。

      キャスターの直径と転がり始め抵抗の関係があるのだろうか。

       

      こんなとき

       

      「教えてGoogle先生!」

       

      で、ぐぐったところ、ありました。

      キャスターメーカーさんのページに!↓

      http://www.chubu-sangyo.co.jp/knowledge/knowledge1.htm

      やはりキャスターの直径が大っきいほど、転がりやすい。

       

      すぐにホームセンターへ行き、2つサイズの上のキャスターを手に入れました。

      これをつけたら、あーら不思議。

      いや不思議でもなんでもない物理学ですが、一人でもスイスイと動かせました。

       

      あとは扉です。

      始め木製で作っていたのですが、重い。

      自重で傾いてしまう。ぬー。

      考えていたところ、アルミパイプに出会い、アルミパイプ製の扉を作製。

      これなら軽い。アルミパイプについては、また後日説明します。

      これが、装飾前の完成形です。人が乗り込むので安全のためストッパーを2つ付けてあります。

       

      そして最後に鍵。鍵はもう公演の1週間くらい前に完成しました。

       

      台本には錠前とあるが、近未来に錠前って・・・

      恐らく、電子錠であろうと思い、暗証番号を入力するタイプに作成。

       

      この電子錠、作品終盤で白羽の矢が刺さって壊れ、閉じ込めていたさなぎちゃんが逃げ出すという設定です。

      なので、同じものを二つ作成。

      同じといっても、微妙に違います。液晶部分が赤くなっていたりします。

       

      ジミー作成の白羽の矢をそこに差し込み固定。

      本番ではこんな感じ↓

      鍵は最後の最後に作成したのですが、早々にこの鳥かごの土台は完成していました。

      しかし劇団の倉庫にも入らないし、練習場近くの荷物置き場にも到底置いておけません。

      スタッフリハーサルまで、私の車の荷台にずっと乗っけていくことになったわけです。

       

      これがもう邪魔で邪魔でね。仕事でも使っている車なので、いちいち降ろさないといけなくて。

      腰痛持ちには、かなりのリスクでした。

      スタッフリハーサルで劇場に預けられたあとは、もうほんとよかったぁって感じでした。

       

      以上大道具制作その ,気覆ちゃんの鳥かご

      でした。

      その△蓮△い茲い荳Gの大道具のキモ、ムサイさんの部屋です。

      お楽しみに〜。よいお年をお迎えください。

       

      ひだまりでした。

       

       

       


      スポンサーサイト

      0
        • 2018.12.30 Sunday
        • -
        • 14:54
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック